rf's weblog

アールエフ矯正歯科 東京 スタッフブログ

矯正治療日記 vol.12 「インビザライン治療の流れ」

f:id:rfortho:20150815124318p:plain

みなさま、こんにちは。

 

今回は、前回に引き続きインビザライン(Invisalign)治療の流れについてご紹介します。

 

f:id:rfortho:20150815125935j:plain

インビザラインは、最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)などの最先端技術を融合させて、誤差のない正確なマウスピース型矯正装置を製作してスタートします。 

 

 

 

その治療の流れとしましては、

 

Step 1 初診相談検査

f:id:rfortho:20150815125956j:plain

歯並びを拝見させていただき、治療期間や費用などの目安についてご説明します。

時間はたっぷり60~90分程度を予定していますので、疑問や不安に思われることは何でもご質問ください。噛み合わせや顔の写真、レントゲン写真などの資料を取ります。この資料を基に、それぞれの患者様に合った治療内容のお話をします。

 

 

Step 2 コンサルテーション

f:id:rfortho:20150815124450j:plain

レントゲンや歯の模型などの検査結果をもとに、「クリンチェック治療計画」と呼ばれる3Dコンピュータ画像にて、治療開始から完了までのシミュレーションを行います。このとき、ご自分の歯がどのように動いていくのかを、立体的なアニメーション画像でご確認いただくことができます。
治療計画にご承認をいただくと、矯正の期間が正確に決まります。

 

 

Step 3 インビザラインの発注

f:id:rfortho:20150815122816j:plain

歯型、治療計画、レントゲン写真などを米国のアライン社(インビザラインを設計、製造、販売している会社)に郵送します。患者さまの歯型などのデータから、アライン社の担当スタッフがデジタル3Dの歯列を作製。一人ひとりに合わせたマウスピース(アライナー)が作製されます。全てのマウスピース(治療に必要なマウスピースの数は人によって異なります)がパッケージ化され、箱に詰められて日本に送られてきます。

 

 

Step 4 インビザライン治療開始

f:id:rfortho:20150815125114p:plain

マウスピース装置をつけて治療開始をします。初期は、約月1回のペースで通院していただき、装置の調整を行います。

各治療段階につきマウスピースを2週間ずつ、ドクターの指示によりつけ替えていきます。治療期間は普通2年程度です。 マウスピースの装着時間は1日20時間以上を目安にして下さい。

f:id:rfortho:20150815124801j:plain

飲食や歯磨き、デンタルフロスの使用時間以外はマウスピース装着するようにしましょう。

 

 

Step 5 治療終了・保定期間の開始

f:id:rfortho:20150815125343p:plain

歯並びを改善しても、舌の癖などが原因で元の状態に戻ってしまうことがあります。

きれいな歯並びを安定させるため、約1~3年、保定装置(リテーナー)をつけます。この間、2~6ヵ月に一度通院していただき、噛み合わせや歯の状態をチェックします。

 

 

参考ですが、2年で終了する場合のトータルの来院回数は、約10~14日間程です。

 

 

インビザラインは薄く透明です。

 

歯につけていても目立たないのが大きな特長ですので、

 

営業・接客業などの人前に出る仕事をされている方も

気軽に矯正治療にチャレンジできます。

 

装着中も違和感が少ないので発音に支障をきたしません。

 

 

インビザライン治療の患者さまは、みなさん自分のマウスピースが届くのを楽しみにされます。

 

矯正治療が始まるのが待ち遠しいようです。

 

矯正治療のスタートをこんな気持ちで迎えることは素敵なことですよね!

 

 

次回はインビザラインの使用時間」についてお話致します。

 

 

 

歯並びでお困りの方、小児矯正/本格矯正/マウスピース矯正治療(インビザライン)をご希望の方はお気軽にご連絡ください。 無料矯正相談WEB予約はこちら

 

 

アールエフ矯正歯科 東京

N.IWATA rf orthodontic office

Tel 03-5803-1488