読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rf's weblog

アールエフ矯正歯科 東京 スタッフブログ

矯正治療日記 vol.19 「インビザラインと食べ物」

f:id:rfortho:20160419160643p:plain

 

みなさま、こんにちは。

 

インビザラインを装着中、基本的には食べ物を食べてはいけません。

 

では、

 

「食べたらどうなるのか?」

 

気になって試した方がいました。

 

●あめ

噛まないし、大丈夫。
あめ食べたまま寝ちゃった時のような、口のもやもや感。
虫歯になりそうです。

●ガム

無理だった。
くっつく。マウスピース同士がくっついてわけわからないことになる。

●クッキー

食べられる。
でも細かいカスがくっつくからすぐに外したくなる。
あとあまりおいしく感じない。

●タピオカジュース

ものすごくもったいない感じがする。
タピオカの食感が全然楽しめない。笑
あと、太いストローがなんとなくくわえにくく感じる。

●おにぎり

無理だった。
噛む力がたくさん必要なのは無理みたい。
もったいないからはずしてちゃんと食べました。

●アイス

いける。
歯に冷たいものが浸みるタイプだから、マウスピースをしていることによってむしろ食べやすくなりました。笑
モナカみたいなのは無理かもしれないけど、
ソフトクリームとかなら全然大丈夫。

●サラダ

これ絶対無理だと思います。
歯がマウスピースでカバーされてるから、キャベツとかレタスみたいなのをすりつぶすことが出来ない。
ごぼう・ほうれんそうみたいなスジっぽいのも噛み切れない。

●プリン

食べるのは大丈夫。
プリンってマウスピースどころか、歯が無くても食べられそう。
いつまでもプリンが口の中にあるような感じがします。
(味が残っているということ)
べたべたくっつくものとか、すり潰す・噛み切る力が必要なものはめちゃくちゃ食べにくい。
食べられるものも、噛むことによってマウスピースにカスがくっつくから、
普段の3倍くらい口に残る。

kyousei.minibird.jp

 

ということみたいです。

 

糖分のあるものはむし歯のリスクも上がります。

それ以外のものでも食べにくかったり、美味しくないようです。

 

せっかく外すことができる装置ですので、インビザラインで矯正治療中の患者さまは、きちんと外して食事を楽しんで下さい!

 

 

 

歯並びでお困りの方、小児矯正/本格矯正/マウスピース矯正治療(インビザライン)をご希望の方はお気軽にご連絡ください。 無料矯正相談WEB予約はこちら

 

 

アールエフ矯正歯科 東京

N.IWATA rf orthodontic office

Tel 03-5803-1488