読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rf's weblog

アールエフ矯正歯科 東京 スタッフブログ

矯正治療日記 vol.28 「プレオルソってどんな歯並びを治せるの?」

みなさん、こんにちは。

 

今回は、

 

小児矯正用のマウスピース型矯正装置「プレオルソ」の適応症

 

についてご説明します。

 

以前のブログで「プレオルソ」がどんな装置なのかを簡単にご紹介しました。

 

では、

 

どんな歯並びのお子さまに使えるのか?

 

3歳〜10歳ころまでのお子さまで、下記に該当する歯並びの場合はプレオルソ装置で治療が可能です。

 

①出っ歯(上顎前突)

②咬み合わせが深い(過蓋咬合)

③受け口(反対咬合、下顎前突)

④ガタガタの歯並び(叢生)

⑤前歯の上と下が咬み合っていない(開咬)

 

f:id:rfortho:20170225102736j:plain

 

また、プレオルソ装置には舌のトレーニング機能もあります。

 

舌というのは正しい位置にないと歯並びに影響を与えますので、正しい位置を小さい時に覚えるのはすごく重要です。

 

f:id:rfortho:20170225102914j:plain

 

一度、お子さまの歯並びや舌の動きを確認してみて下さい。

 

上記の様な悪い歯並びが見られたり、少しでも気になることがありましたらいつでもご相談下さい。

 

 

 

歯並びでお困りの方、小児矯正/本格矯正/マウスピース矯正治療(インビザライン)をご希望の方はお気軽にご連絡ください。 無料矯正相談WEB予約はこちら

 

 

アールエフ矯正歯科 東京

N.IWATA rf orthodontic office

Tel 03-5803-1488